Home > 楽しむ > 観る > (有)スリーアームズ 「茶屋かつより」

(有)スリーアームズ 「茶屋かつより」武田の里 大崎の陣 “まいさるく” 

スポット情報

武田の里 大崎の陣 “まいさるく”ガイド
土佐に甦った武田勝頼、一族の聖霊と魂に触れる体験は如何ですか!
戦国武将・武田信玄の後を継ぎ、戦国に覇を唱えた武田勝頼。織田・徳川軍に敗れ、自害したと歴史に記されている勝頼が生き延び、仁淀川町で生涯を全うしたいう伝承や資料を基に、大崎の町を歩く。勝頼(変名:大崎玄蕃)と三枝(美津岐)夫人、武田信勝の墓所を巡る。
http://terutosi.blog.fc2.com/blog-date-201210.html

Map情報


大きな地図で見る

  • 店舗名有限会社スリーアームズ「茶屋かつより」
  • 店舗よみゆうげんかいしゃ すりーあーむず ちゃや かつより
  • 住所高知県吾川郡仁淀川町大崎340-1
  • TEL0889-20-2003
  • 営業時間9:00~17:00(居酒屋~21:00気まぐれ開店)
  • WebSite2012「第1回全国武田の里サミットin土佐」大崎の陣 戦国会議 擐甲の礼(武田家第21第当主武田信勝公の継承式)http://terutosi.blog.fc2.com/blog-date-201210.html

メニュー一覧

  • 有限会社スリーアームズ 「茶屋かつより」うどんを中心に、ランチタイム11:00~14じ:00
    営業は9:00~17:00 事務用品・クリーニング・たばこ・きってハガキ印紙
    午後5:00~21:00まで居酒屋(店主の気まぐれ開店)
    観光ガイド「まいさるく」その他、 事前予約制で受付  日曜祝日もオッケー(空いていれば)
    事務用品機器販売 たばこ販売 クリーニング取次 切手印紙ハガキ販売 武田勝頼土佐の会 かつよりくんグッズ販売
    観光ガイド「武田の里 大崎の陣“まいさるく” 町歩きガイド問い合わせ:ガイド料コース別案内
    全コース(33分i以上)500円/人
    小コース(33分以内)300円/人
    電話:0889-20-2003
  • 鳴玉神社「勝頼公・三枝夫人墓所」鳴玉神社(なるたま&めいおう)と言って、武田勝頼公(変名大崎玄蕃)と三枝夫人(変名美津岐婦人)の墓所、残された武田家系図には「慶長14年1609年8月25日没」柿ノ木の本に葬る、又別の系図には土居屋敷に葬ると書かれ、柿の木は現在も赤い実を付けています。
  • 山の神「武田信勝公墓所」地域では山の神と恐れられ400年の間人の手が入らず奇跡的に残る、寛永6年7月11日63才逝去、墓所は「烏帽子岩と川井との間に森あり此の所に葬る」と系図に書かれている。母は織田信長の養女遠山勘太郎友信の娘。配は池川善四郎源森信の三女(池川安居土居の庄屋では)。
  • 寺村観音堂「流光山成福寺」武田正晴墓所地域では寺村観音堂と呼ばれ、お堂の後ろに勝頼三男正晴の墓があります。母は三枝三郎晴友の娘幡多郡寺山住人松村右京の養子、元和8年10月18日卒49才。松村六太夫、後寺村六太夫という。父勝頼共に香宗我部家を手頼り長岡郡香美郡と廻り其の砌僧二人共奉之内にあり一人は大崎の成福寺に止まり一人は幡多郡安並の石見寺の住侶となる此の石見寺の世話で養子となる。
  • ゆす姫の眠る里・栂ノ森勝頼の娘・檮姫(ゆす姫)について。元亀元年兄信勝と同所の高遠で出生「13歳にて天目山にて自害とは誤りなり」と、横畠左馬助貞秀室となるが、文禄2年2月8日24才にて逝去。横畠栂の森葬る。C系図に「横畠栂の森畑の縁に立し岩あり此の所岩の東馬骨石を印し立て有り」地域ではお姫様のお墓と伝えられる。地検帳に「
  • ガラク神社と呼石伝説安居土居山中にある雅楽(ガラク)神社と安居但馬守の呼石伝説。神社の東にある高さ5mの二個の石は大崎玄蕃の友達だった安居但馬守が石の上で叫んだら一里四方に声が届いたという伝説の石。ガラクは後に横畑左馬助貞秀と呼ばれ、勝頼の娘ゆす姫と婚姻、しかし24歳で逝った悲哀女性。
  • 右京八幡勝房の祠国道から参道を30段登った所の「右京さま」と呼ばれる祠、大崎八幡宮六代目の神官で名は岡林右京大夫勝房と言います。系図に、この時代家焼失し、中にも金岡の笑不動の軸あり奇妙を顕すと言い伝え、法力のある大夫で笹に雀を止めて歩くと唄に唄われた伝説の人物。
  • 笑不動の祠と、長生教大崎小学校の上にある笑不動の祠と、右手の奥の長生教神社。笑不動は神官系図六代目の欄に出てきます縁日は1月と9月の28日です。長生教は大崎八幡宮歴代の神官が務める神社で、武田信勝公が当神社の戦没者名簿に名前が出てきます。

Copyright 2012. All Rights Reserved.niyodogawa.tv