Home > 楽しむ > 観る > 久喜の沈下橋

久喜の沈下橋シンプルなアーチを描く岩と一体化した珍しい橋

スポット情報

国指定登録有形文化財 高知県最古の沈下橋
日本でも有数の多雨地帯である仁淀川流域には、大洪水による橋の流失を防ぐため、洪水時に水没することを前提として架けられた「沈下橋」が数多く残されています。 久喜橋は、県内最初のアーチ型沈下橋で、昭和10年に架橋。国の登録有形文化財となっています。久喜の橋は川幅こそ広くありませんが、深いグリーンの流れ、周囲の岩と一体化したシンプルなアーチが印象的。増水時には、水中にすっかり沈むことも。釣りびとのスポットでもあり、車も通る現役の生活道です。

国道33号を仁淀川町大崎から松山方面へ約2kmほどにあります。国道33号左側にある看板が目印です。

Map情報


大きな地図で見る

  • 店舗名仁淀川町役場産業建設課
  • 住所〒781-1592 高知県吾川郡仁淀川町大崎124番地
  • TEL0889-35-1083
  • WebSite

    仁淀川町役場 http://www.town.niyodogawa.lg.jp/

Copyright 2012. All Rights Reserved.niyodogawa.tv