Home > 楽しむ > 観る > 安徳天皇御陵伝説の地 都地区

安徳天皇御陵伝説の地 都地区安徳帝と平家落人伝説

スポット情報

都地区の人たちが2001年に碑を建て、前の広場では毎年旧歴8月22日、白王八幡宮で神事の後、都の太鼓踊りが奉納されます。伝説では安徳帝が18歳で崩御するまでこの地にいたと伝えられています。この都集落と越知町横倉山を結ぶ古い道も残っています。

仁淀別枝地区の奥に都があります。安徳帝と平知盛ら平家の人々が暮らした行在所だったそう。都集落の開祖である山内伸助は、帝に付き添った忠臣だと伝えられる人物です。約1時間ほどで都地区を散策することができます。山々が広がるこの風景を安徳天皇も眺めていたのかもしれません。

Map情報


大きな地図で見る

  • 店舗名仁淀総合支所地域振興課
  • 住所〒781-1801 高知県吾川郡仁淀川町森2571番地
  • TEL0889-32-1113
Copyright 2012. All Rights Reserved.niyodogawa.tv