tretreさんのハッパカイギ

「ハッパカイギ」

ちょっとそそるネーミングの会合に参加するのはこれで3回目になるのかな?

昨年の「によどヒノキウォーター」の発表会以来です

仁淀川町へ移住し起業した竹内太郎さんが代表取締役を務めるtretre(トレトレ)のテーマは

 

山の暮らしの心地よさから顧客を創造する

 

摘み草ブレンドティー」「によどヒノキウォーター

すべてここ、仁淀川町でなければ誕生しなかった製品です

ハッパ達やヒノキに美しい水

心地よさ」を感じる素材の豊富な場所に住んでいるんだと改めて感じました

 

今回は2018年のtretre(トレトレ)さんの活動報告とその後、お茶の試飲会。 そして、このあと忘年会もあります。

出席者もほぼ揃ったところで代表取締役の竹内太郎さんのご挨拶

 

まずは自己紹介

18歳まで高知で過ごし、39歳まで京都の老舗料理店に勤められました

 

その頃、みな東京がTOPを走っていると思い東京を目指しており、竹内さんもそうだったと

でも、ふとそこが本当に幸せを感じる場所なのかと疑問を抱くようになったそうです

東京とは正反対な場所「高知」に移住しようと考えたそうです

そこにはお金だけが幸せではない「自然資本主義」で生活する場所がある

仁淀川町はまさに自然の宝庫

野山が宝の山

「摘み草ブレンドティー」の材料がいたるところで手に入る

竹内さんのお話を聞くと「生活する」ってことを見直してみたくなる

 

こちらのヒノキウォーターのボトルがシンプルだけど高級感が漂っています

京都の料亭和久傳さんで使われているそうです

 

記憶に新しいかと思いますが、天皇、皇后両陛下が高知にいらっしゃていました

お食事の時にtretreさんは食前・食中・食後の3種類のお茶を出されたそうです

その中でも「これは?」と気に入られたお茶を試飲させていただきました

飲んでみると なんだろ?これ? びわの葉の感じがふっときて 後味は爽やかですっとする

なんだか有難くいただいてしまいます

 

「今年のゆずのお茶」

“しょうがゆず”でポカポカ これは冬にとってもいいです

 

こちらは「によどヒノキウォーター」 

中にはヒノキと蒸留水

自然のものしか入っていません

現在このヒノキウォーターが、とあるスポーツのチームのグッズに採用されるのではないかという動きがあるそうです

大きなブームが起きそうです

すいごいなぁ

どんどん活躍の場を広げるtretreさん

これからのご活躍がとても楽しみです

 

Noriko ono wrote

 

 

category.

イベント

によどがわ.TV

観光・地域情報のネット放送局

Others
Instagram

高知県 仁淀川町観光協会

〒781-1501

高知県吾川郡仁淀川町大崎460-1

TEL:0889-35-1333

FAX:0889-35-1924

Contact

  • お名前
    (必須)
  • メールアドレス
    (必須)
  • 件名
    (必須)
  • メッセージ本文
    (必須)

Copyright © 2019. tosaryouri kitahara Rights Reserved.