明治生まれの古民家で民泊 ~明治の家~仁淀ぶるうす

バラ園の近くにこんなところがあったとは!

これは・・・ 間違いなく広い!

 

5月にはバラ園に行かれた方も多かったと思います

そのすぐ傍に「民泊“明治の家”仁淀ぶるうす」があります

 

以前からこのあたりで民泊を始めたらしいと聞いていて気になりつつもやっと連絡を取り

昨年秋から民泊を始めた西尾さんにお話を聞く機会をいただきました

 

1組限定の一軒貸し切りの贅沢なお宿です

入り口から土間がが続き、奥にはキッチンがあります

ピカピカ輝く新品の什器です

ここを宿泊される方は自由に使えます

好きな食材を持ち込んで料理するのも勿論OKですが

ここならではの食もおススメです

 

お家の中は田舎のおじいちゃんおばあちゃんちに来たような懐かしい雰囲気に満ちています

 

 

 

 

 

この家を引き渡されたのが2年前

使われなくなって年月が経ったこの家を今の状態までに綺麗にするのがとても大変だったそうです

なんと障子が47枚もあり、使えるもの使えないものの選別、そして障子紙の張替え

想像しただけでもその労力に圧倒されます

この家の棟上げの時の札があったそうです

写真では上手く撮れていませんが、明治三十二年の文字が書かれています

 

「この家にはパワーがあるみたいで 天井もぜーん拭いてお掃除したんですが、全然疲れないんです!」

って奥様がにこやかに話していただきました

 

うーん 掃除はちょっと厳しいかもしれないけど

パワーは確かにある!感じる気がする!

 

家族何世代にも愛されたお家

みんなに守られているようなパワーをきっと持っています

宿泊スペースは1階だけ

 

少しお2階が気になるので上がらせていただきました

 

以前はここで宴会を開かれていたようです

急な階段をお料理やお酒を持って駆け上がったり駆け下りたりしていたのでしょう

 

レトロなテレビも当時は活躍していたんでしょう

 

外が見える飾りガラス

今ではなかなか手に入らないものです

 

窓の向こうの土居川から気持ち良い風が入ってきます

明治の頃もここからこの景色と風を感じていたことでしょう

 

「明治の家 仁淀ぶるうす」これからまだまだバージョンアップを計画されているそうです

 

アウトドアが大好きなご主人の遊び心で どんどん楽しい場所になっていきそうです

 

わくわくするお話しをたくさん聞かせていただきありがとうございました

 

Noriko ono wrote

category.

によどがわ.TV

観光・地域情報のネット放送局

Others
Instagram

高知県 仁淀川町観光協会

〒781-1501

高知県吾川郡仁淀川町大崎460-1

TEL:0889-35-1333

FAX:0889-35-1924

Contact

  • お名前
    (必須)
  • メールアドレス
    (必須)
  • 件名
    (必須)
  • メッセージ本文
    (必須)

Copyright © 2019. tosaryouri kitahara Rights Reserved.