岩屋川渓谷 探検記録

岩屋川渓谷の魅力を最近(先月)気づいてしまった

でもまだまだ未知の世界が広がる岩屋川渓谷をもっと知りたい!

そこで渓谷をよく知る地元の別枝地区の方々とご一緒に岩屋川渓谷を歩こうと10:00に鳥形橋に集まりました

 

 

足元を見ると地下足袋の方がいらっしゃる

そうか これくらい気合の入った装備じゃないと危険だということ

 

10:20出発

 

渓谷添いに岩々を縫うように遊歩道があります

 

「まる渕」

この下に見えるあたりが、そう名付けられているのだと思います

 

「たか樽」

樽のような大きな岩が見えます

 

遊歩道に倒れこんだ大きな木

なかなか歩くのに大変な遊歩道です

 

やっぱり地下足袋で来るのが正解の岩屋川渓谷

 

流木が蔦にからまりグルグル巻きにΣ(・ω・ノ)ノ!

 

自然の中で作られた不思議な造形をいくつも見ることができる渓谷です

 

 

岩屋川渓谷は「気軽に散策を楽しむ」という場所ではありません

写真のように十分な注意をしないと川に落ちてしまいそうなところが多くあります

 

この渓谷は別枝地区で小さい頃から育った方々にとっては絶好の遊び場所だったそうです

今日も岩の上をぴょんぴょん飛び移りながら色んな場所を説明していただきました

 

大きな大きな欅の木

そんな子供たちの成長とこの渓谷をずっと見守り続けていたのかもしれません

 

 

ゆったりと景色を楽しめる場所と

 

岩の間を潜り抜けて進む道

 

次はどんな景色が見えるのかワクワクしながら歩く

 

そろそろ遊歩道の終点が近づいてきました

 

民家が見え、少しホッとする

昔はここより更に山の上の木を伐り出し県外からたくさんの方が働きに来られてとても賑やかだったそうです

 

「おまり渕」

 

階段を上がり

 

やっと車道に出ました

 

「サガノ橋」ここで終了

約2時間歩き続け

時間はちょうどお昼になりました

お腹もペコペコ

ステキな場所に案内していただき皆でお昼ごはんをおただきました

地元の方が同行していただいたので安心して渓谷を歩き通せましたが

岩屋川渓谷は「超」が付くほど上級者コースと言えます

お一人では危険な場合がありますので、必ず何人かでお出かけください

 

 

Noriko ono wrote

category.

イベント

によどがわ.TV

観光・地域情報のネット放送局

Others
Instagram

高知県 仁淀川町観光協会

〒781-1501

高知県吾川郡仁淀川町大崎460-1

TEL:0889-35-1333

FAX:0889-35-1924

Contact

  • お名前
    (必須)
  • メールアドレス
    (必須)
  • 件名
    (必須)
  • メッセージ本文
    (必須)

Copyright © 2018. tosaryouri kitahara Rights Reserved.