仁淀川町の紅葉情報をお届けします。

安居渓谷      〈例年の見ごろ〉11月上旬から11月中旬  ◆現在見ごろ

中津渓谷      〈例年の見ごろ〉11月中旬から11月下旬   ◆現在見ごろ

岩屋川渓谷    〈例年の見ごろ〉11月中旬から11月下旬   〈見ごろ予想〉 11月17日

長者の大銀杏  〈例年の見ごろ〉11月中旬から11月下旬  〈見ごろ予想〉 11月25日

今年も例年通りの見ごろの時期になりそうです

安居渓谷

11月12日(月) 見ごろ

現在の状況参考サイト ⇒ ウェザーニュース紅葉ch

 

標高1860mの筒上山の南斜面に広がる安居渓谷県立自然公園。
高さ約30mの岸壁がそそり立つ千仞峡や渓谷のシンボルである「飛龍の滝」、観光客の憩いの場として親しまれている「乙女河原」など見どころが多くあります。

 

【迂回路のお知らせ】

今週末は渋滞が予想されるので、帰りの際は迂回路のご協力お願いします

MAPはこちら⇨迂回路MAP


◆・◆・紅葉レポート・◆・◆

朝晩の冷え込みでかなり色づき、今が見頃となっております。

今週は先週からの冷え込みもあり、今週の中頃にかけてが見ごろとなりそうです。

 

[みかえりの滝]

 

 

[紅葉荘の対岸]

 

 

[荒男谷]

 

 

[乙女河原]

 

 

[もみじ公園]

 

 

[迂回路より]

 

 


 

 

安居渓谷で紅葉の時期だけ限定オープンする『大関』さんのお食事がおススメです

 

この時季だけの上海蟹と同種と言われる「ツガニ」を使ったお料理

 

ツガニうどん

 

新鮮だからできる「あめご(あまご)のにぎり寿司」

 

 

 

おススメお宿

中津渓谷

11月9日(金) 見ごろ

現在の状況参考サイト ⇒ ウェザーニュース紅葉ch

 

標高1541mの明神山から流れ下る中津川が刻んだ渓谷。

紅葉滝や龍宮淵など紅葉のみどころがあります。

1.6kmの遊歩道は、点在する七福神巡りをしながら秋の中津渓谷を散策できます。奥にある落差20mの雨竜の滝は必見です。

 

 


◆・◆・紅葉レポート・◆・◆

[中津渓谷入口付近]

 

[中津渓谷ゆの森 温泉前]

紅葉が見ごろを迎えました

ちょうど温泉大浴場から紅葉する木々を眺めることができます。

 

 

[展望台への渓谷入り口]

 

[展望台]

 

[展望台より 休憩所付近を見る]

[竜宮渕]

 

 


 

11月10日(土)には中津渓谷 紅葉まつりが行われます

中津渓谷の入り口にある笑美寿茶屋から中津渓谷ゆの森にかけてお店が並びます

 

 

中津川上流で育ったあめご(あまご)の塩焼きは身もふっくらして甘味があり最高に美味しいです

 

出来立てのあったかい猪汁や手打ちそばなどもあります

気温が低い日も多いので、温度調節のできる服装でお越しください

 

 

おススメお食事スポット

岩屋川周辺

11月12日(月) 陽当たりの良い場所は見ごろ

 

岩屋川は天狗の森と鳥形山のほぼ中間にある引割峠に源を発し、やがて仁淀川へと注ぐ四国カルスト県立自然公園の一画。春には新緑、秋には紅葉が奇岩・巨岩を彩り、土佐の名水40選にも選ばれた清流は滝となり淵となって、大自然の造形美を見せてくれます。近くには、平家落人伝説を伝える都の集落や、しだれ桜や秋葉まつりで有名な中越家や市川家、秋葉神社が点在し、上流部には国の天然記念物「大引割・小引割」も見られます。

注意)岩屋川渓谷内の遊歩道は、途中大きな岩々に塞がれ、現在通り抜けが出来ない状態になっております

 

 


◆・◆・紅葉レポート・◆・◆

 

全体的に黄色や赤色の紅葉が見られるようになりました

現在見頃を迎えております

 

 

秋葉神社への登り口「別枝広場」近くの別枝春日公園より撮影

 


 

 

 

 

土佐の三大祭り「秋葉まつり」の雰囲気を味わう

長者の大銀杏

11月12日(月) 色づき始め

 

樹齢は1,200年と言われ、長者地区を守るかのように立つ銀杏の巨木です。

火災や台風にも負けず、命をつないで来ました。江戸の昔には3本立で高さも40m近くあったと古記録には残っています。樹高約15m・根回り11.6mで、県指定天然記念物に指定。

 

 



◆・◆・紅葉レポート・◆・◆

 

少しずつですが、黄色く色づき始めました

 


 

 

 

 

 

おススメお食事スポット

によどがわ.TV

観光・地域情報のネット放送局

Others
Instagram

高知県 仁淀川町観光協会

〒781-1501

高知県吾川郡仁淀川町大崎460-1

TEL:0889-35-1333

FAX:0889-35-1924

Contact

  • お名前
    (必須)
  • メールアドレス
    (必須)
  • 件名
    (必須)
  • メッセージ本文
    (必須)

Copyright © 2018. tosaryouri kitahara Rights Reserved.