• 2021.04.01

#2410フォトキャンペーン

春は桜、夏は川遊び、秋は紅葉に色づいた渓谷、冬は星空や雪景色など、仁淀川町にはたくさんの自然観光スポットがあり、同町発行の観光パンフレットで数々の紹介をしてきました。
それでも紹介しきれなかった観てもらいたい景色などが、まだまだたくさんあります。
そこで、仁淀川町観光協会では日々町内を散策し「映えるスポット」をSNSを通じて情報発信していきます!!

仁淀川町の「によど2410」にちなんで「2410件投稿!」を目標に、映えスポットを散策し一緒に投稿目標を達成しませんか!?
「#2410フォト」を付けて投稿するとオフィシャルサイトで掲載されます。
たくさんの映えスポット投稿をお待ちしております。

仁淀川町 北部(旧池川町)エリア

土佐と伊予を結ぶ旧予土往還、松山街道の宿場町として栄えた旧街道の歴史を感じることができる北部(旧池川町)エリア。

このエリアを流れる安居川、土居川は透明度が高く底まで見えるほど。また、仁淀ブルーの名前が生まれた「水晶淵」がある安居渓谷の川の透明度は見る人を虜にします。

 

キラキラと輝く清流で大人も子どもも本気で水と遊べる川遊びのメッカ「宮崎の河原キャンプ場」「ふれあい公園オートキャンプ場」があり、川で思いっきり遊ぶ時間は一度味わうとやみつきに!

宮崎の河原キャンプ場にはカヤックやSUPなどの川遊び体験もあり、スケスケのクリヤカヤックからはたくさんのお魚さんとの出会いも♪カッパさんとも出会えるかも!?

 

北部エリアの中心街ではレトロな空気を肌で感じることができる、町歩きがオススメ。建物や町並みを眺めながらゆっくり散策するとタイムスリップしたような気分が味わえます。

また、川沿いに立ち並ぶ家々の景色も必見!エリアの中心にある橋の上から望む町並みはフォトスポットとしても最高です。

所々にある小道は川まで続く道、山へと向かう道….歩くといろんな発見があるエリアです。

 

北部(旧池川町)エリア おすすめグルメ店舗

中部(旧吾川村)エリア

仁淀川町の真ん中、ダイナミックな雨竜の滝とチャートの岩がある中津渓谷をはじめ大自然を感じることができるエリアが中部(旧吾川村)です。西日本最高峰、石鎚山系に源を持つ仁淀川。
この仁淀川本流に仁淀川町の仁淀ブルーと称される青い支流が集まってくるところです。
松山と高知を結ぶ国道33号線に沿って深いV字渓谷を形づくりながら蛇行して広がる伝統的な山の暮らしが残るエリア。
ゴツゴツした岩がゴロゴロしている中部エリアではアクティブな楽しみ方がいたくさん。
キャニオニングにパックラフト、パラグライダー体験、渓谷散策など遊び方は自由自在!
遊んでノドが渇いたらクラフトビールが待ってます♪
中津川沿いにあり川遊びも楽しめる「夢の森公園キャンプ場」、中津山(明神山)山頂へ向かう道中にある「吾川スカイパークキャンプ場」とキャンプ場もあり、アウトドア派なら中部エリアがオススメ。
さあ、冒険に出かけよう!!
高知の桃源郷「上久喜の花桃」「引地橋の花桃」「寺村花の里公園」をはじめ、桜の女王様「ひょうたん桜」など春のシーズンには必ず訪れて欲しいエリアです。

中部(旧吾川村)エリア おすすめグルメ店舗

南部(旧仁淀村)エリア

国道33号線から仁淀川を渡ると南部(旧仁淀)エリアです。このエリアは長者川、岩谷川と仁淀川が流れています。
山岳重畳で地勢は極めて急峻。シンボルともいえる鳥形山には珍しい植物も多く、石灰岩地帯という特殊な環境が珍しい高山性、北地性の植物の保存にも役立っています。明治22年夏には牧野富太郎博士が鳥形山に登られた記録があり、鳥形山の名前を冠にした植物も。
坂道からせり出すように家が建ち、見事な石垣(棚田)があり
…まるで絵画のような風景を楽しめるエリア。
このエリアでは絶品の鮎が採れることでも有名。仁淀川の中で成長した鮎が最も美味しくなる時期にこのエリアに来るそうです。川魚特有の臭みがなくスイカやキュウリのような香りがします。遊漁券を購入して魚釣りも楽しめます。
なんと長者川では蛍が見える場所も!
大渡ダム湖畔ではダム湖をぐるりと一周でき、春には桜を愛でながらのドライブも楽しい。
隕石が落ちて窪んだらしいとされるくぼみのある「星が窪キャンプ場」では名前の通り満点の星空を楽しめる。
ゆっくりほっこり、そして圧巻の仁淀川町のマチュピチュが楽しめるエリア。
南部エリアは景色がごちそうです♪

南部(旧仁淀村)エリア おすすめグルメ店舗

によどがわ.TV

観光・地域情報のネット放送局

Others
Instagram

高知県 仁淀川町観光協会

〒781-1501

高知県吾川郡仁淀川町大崎460-1

TEL:0889-35-1333

FAX:0889-35-1924

Contact

    • お名前
      (必須)
    • メールアドレス
      (必須)
    • 件名
      (必須)
    • メッセージ本文
      (必須)

    Copyright © 2021. tosaryouri kitahara Rights Reserved.